多言語メッセージボード/International Message Board

カテゴリーアイコン/Icon Meaning

友だち募集/Make Friends/語学レッスン/Language Lesson/売ります・買います・譲ります/Sell Buy Giveaways/イベント/Events/ホームステイ・ルームシェア/Homestay Room Sharing/その他/Others

日本語とアルファベットのみの対応となります。/Japanese characters and alphabets only.

メッセージ一覧/Messages

155087

Link exchange is nothing else however it is only placing the other person's blog link on your page
at proper place and other person will also do similar in support of you.

In Defense of Essays

No.1573 Williamdashy
Date of post : 2017/06/23(Fri) 17:29

Crafting an Unforgettable College or university Essay

No.1572 CarlosWrold
Date of post : 2017/06/21(Wed) 14:08
?'Good Water' a series of well-written essays that fail to engage
"Positive WATER ," by Kevin Holdsworth, University of Colorado Push, $21.95, 192 internet pages (nf)
Kevin Holdsworth has written rather eloquently about southern Utah, its people, its history and its geography within a series of essays gathered inside of a book called вGood Water,в but the collection ultimately fails to fully engage the reader.
During the first of all essay, Holdsworth describes producing a straightforward, rustic honeymoon shed that sounds rather quaint but invites visits from the neighboring mice, spiders and snakes. Commencing out this way, it appears to be as though the book may go somewhere as a story, but it surely doesnвt. Instead, it wanders approximately from subject to subject, such as opposition to dams and fights over water rights. Several of these subjects are greater interesting to browse about than others.
Holdsworth tends to meander as he warms to diatribes against the government and law enforcement when locals disregard the rules.
He also shares his distress over his failed previous marriage and other musings from his personal life during the midst of commenting on historical and political issues, mentioning locations throughout Utah, like Cache County too as Torrey and Hanksville in Wayne County, along the way. The result can be described as strange mix of words and waxings.
He mentions his great-great-grandparents, who he says ended up part of your migration into the Salt Lake Valley but not among the primary so вtherefore not among the Mormon royalty.в Further references to early members on the Church of Jesus Christ of Latter-day Saints are sprinkled throughout, many times favorably but mostly not.
Supporters of Holdsworth's previously published essays may enjoy this collection for a very little leisurely reading, but for anyone seeking a coherent story or adventure, it is probably preferred to keep on the lookout.
The book consists of some coarse slang references, together with at least just one that is certainly sexual in nature, and several employs on the F-word. There isn't a violence.
Holdsworth lives in southern Utah with his wife and son.
What: Kevin Holdsworth book signing
When: Friday, March four, 7 p.m.
Where: The King's English Bookshop, 1511 S. 1500 East, Salt Lake City
Note: Places inside signing line are reserved for those who purchase a copy in the featured book from The King's English.
Sharon Haddock can be described as professional writer with greater than 35 years' practical knowledge, 17 with the Deseret News. Her personal blog is at sharonhaddock.blogspot.com.

2/17(金)駐日コロンビア大使講演会(水戸)

No.1230 茨城大学カケハシ
Date of post : 2017/01/17(Tue) 09:21
: 茨城大学カケハシ
茨城大学では、昨年9月にコロンビア共和国大使として日本に着任したドゥケ大使による講演会を、2017年2月17日(金)、水戸キャンパス茨城大学図書館本館ライブラリーホールにて開催いたします。入場無料、予約不要です。

中南米諸国は日本から遠い地域ですが、昨年、南米大陸で初となるオリンピック・パラリンピックがブラジルのリオデジャネイロで開催され、世界の注目が集まりました。コロンビアは、サントス大統領が内戦の和平合意に尽力した功績により、昨年ノーベル平和賞を受賞したニュースが記憶に新しいところです。今回、駐日コロンビア大使が直々に本学を訪れて、コロンビアの”いま”について語ります。
さらに、講演会終了後、大使を特別ゲストとしてお招きして交流会を開催いたします。(※交流会は外務省KAKEHASHIプロジェクト2016派遣学生が主催するもので、定員制限のため事前の申し込みが必要です。)
皆様のご来場をお待ちしています。

詳しくはチラシをご覧ください。
下記、茨城大学カケハシ・プロジェクト公式フェイスブックの投稿でご覧いただけます。
https://www.facebook.com/iu.kakehashi2016/photos/a.1770119306571820.1073741828.1766740320243052/1800325700217847/?type=3&theater

講演会
【日時】2017年2月17日(金)14:00〜15:00(13:30開場)
【場所】茨城大学水戸キャンパス 図書館本館 ライブラリーホール(茨城県水戸市文京2-1-1)
【入場】無料・事前申し込み不要(どなたでもご参加いただけます)
【言語】講演は英語です。(日本語の資料をご用意します。)


同時開催
「International Cafe In Ibaraki University」
講演会終了後に、駐日コロンビア大使を特別ゲストにお招きし、図書館1階ライブラリーカフェ(サザコーヒー)にて、交流会を開催します。
(主催:KAKEHASHIプロジェクト2016派遣学生グループ)
※先着40名となりますので、講演会に引き続き交流会参加ご希望の方はお申し込みください。
参加費:学生無料・一般500円/コーヒー・ケーキ付き・要申込み

問い合わせ、交流会の申込みはチラシをご覧ください。

茨城大学KAKEHASHIプロジェクト2016報告会(水戸)

No.1224 茨城大学カケハシ
Date of post : 2017/01/13(Fri) 17:30
: 茨城大学カケハシ
 茨城大学では、外務省の対日理解促進交流プログラム「KAKEHASHI プロジェクト」で訪米した学生たちによる報告会を、2017年1月25日(水)、水戸キャンパス理学部K棟インタビュースタジオにて開催します。入場無料、予約不要です。
 「KAKEHASHI プロジェクト」は、日本の若者を海外に派遣し、現地の人たちとの議論や交流を通して日本のイメージ向上や外交のベースをつくることを目的とした外務省のプログラムで、昨年、茨城大学からは23人の学生が米国・コロラド州デンバーを訪れ、交流事業などに参加しました。今回開催する「茨城大学KAKEHASHIプロジェクト2016報告会」は、その学生たちが現地での貴重な経験を報告するとともに、国際的な課題となっている難民問題について、外部講師も招いて議論を行うものです。
 皆様のご来場をお待ちしています。

【日時】2017年1月25日(水)13:30〜15:30(13:00 受付開始)
【場所】茨城大学水戸キャンパス 理学部 K棟インタビュースタジオ(茨城県水戸市文京2-1-1)
【入場】無料・事前申し込み不要(どなたでもご参加いただけます)
    ※茨城大学の教職員・学生のほか、他大学の教職員・学生の方、一般の方もご参加いただけます。

プログラム
13:30 開会の挨拶
13:35〜14:20 第1部 事例報告
「2016 IU KAKEHASHIプロジェクト報告」
アメリカ・デンバーにおける日本文化紹介活動について報告
(2016茨城大学KAKEHASHIプロジェクト参加者)
14:20〜14:30 休憩
14:30〜15:20 第2部 ワークショップ
「難民問題を考える」
15:20〜15:30 講評 講師 武田直樹先生(筑波学院大学)

Hello

No.1200 mican
Date of post : 2016/12/23(Fri) 14:24
mican
I am looking for language exchange partner who are native English speaker.

I like English and culture.

If you are interested in Japanese language, I can teach you.

Please contact me.

I am looking forward to hearing from you.

防災講座 Disaster Seminar part2

No.1196 MCIA
Date of post : 2016/11/20(Sun) 15:20
: MCIA
外国人市民のための防災講座 Part2
Disaster Preparedness Seminar Part2

防災(ぼうさい)に ついて 学(まな)びましょう!
地震(じしん)や 火事(かじ)になったら、どのように 避難(ひなん)しますか?

Let’s learn about disaster preparedness together!
How do you evacuate in the case of earthquake or fire?

日時(にちじ):2016年(ねん)12月(じゅうがつ)10日(とうか)[土(どようび)] 12:30p.m.〜
Date : December 10th(Sat.)12:30p.m.〜
場所(ばしょ):水戸市(みとし)国際交流(こくさいこうりゅう)センター 3階(かい) ホール
Place : Mito International Center
参加費(さんかひ):無料(むりょう)
Fee : Free
申込(もうしこ)み:当日(とうじつ)、直接(ちょくせつ) センターに 来(き)てください
Reservation : Unnecessary
人数(にんずう):30人(にん)[当日(とうじつ)、先着順(せんちゃくじゅん)]
Limited to 30 persons.

問合(といあわ)せ:水戸市(みとし)国際交流(こくさいこうりゅう)協会(きょうかい) 
Contact :Mito City International Association(MCIA)
TEL 221-1800 FAX 221-5793
E-mail mcia@mito.ne.jp

防災講座 Disaster Preparedness Seminar

No.1176 mcia
Date of post : 2016/09/09(Fri) 12:29
: mcia
防災講座(ぼうさい こうざ) Disaster Preparedness Seminar

防災(ぼうさい)に ついて 学(まな)びましょう!
地震(じしん)や 火事(かじ)になったら、どのように 避難(ひなん)しますか?

Let’s learn about disaster preparedness together!
How do you evacuate in the case of earthquake or fire?

日時(にちじ):2016年(ねん)10月(じゅうがつ)8日(ようか)[土(どようび)] 12:30p.m.〜
Date : October 8th(Sat.)12:30p.m.〜
場所(ばしょ):水戸市(みとし)国際交流(こくさいこうりゅう)センター
Place : Mito International Center
参加費(さんかひ):無料(むりょう)
Fee : Free
申込(もうしこ)み:当日(とうじつ)、直接(ちょくせつ) センターに 来(き)てください
Reservation : Unnecessary
人数(にんずう):30人(にん)[当日(とうじつ)、先着順(せんちゃくじゅん)]
Limited to 30 persons.

問合(といあわ)せ:水戸市(みとし)国際交流(こくさいこうりゅう)協会(きょうかい) 
Contact :Mito City International Association(MCIA)
TEL 221-1800 FAX 221-5793
E-mail mcia@mito.ne.jp

Kairakuen Enlish guide

No.1161 Ehara
Date of post : 2016/03/19(Sat) 01:11
Ehara
Hello. This is the invitation to Kairakuen .

Tokiwa University High School organized some students into a volunteer group, Tokiwa Ume Ambassador. They will guide foreign visitors to some spots in Kairakuen Park explaining its history, inside stories and so on in English.

The dates and time of our volunteer activity are
March 19th 13:30-14:30
March 20th 10:00-14:30
March 21st 10:00-14:30

We will be at the east gate to welcome visiters.

Do come and see us by all means.

make friends

No.1152 えり
Date of post : 2016/03/08(Tue) 22:30
えり
Hello
I am a japanese
I am a housewife living in Mito.
I have a 1-year-old daughter.
I'm 25 years old.
I want to come to be able to speak English.
Please tell me English.
Even if you cannot speak Japanese, I do not have any problem.
I teach Japanese as much as possible.

Thank you very much for your help.

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 |

名前/Name
Eメール/E-mail
タイトル/Title
本文/Comment
ホームページ/Homepage
アイコン/Choose Icon [アイコン参照/Icon Preview]
編集キー/Password (英数字で8文字以内/within 8 alphanumeric characters)
画像認証/Image Verification (右画像の数字を入力/enter the nembers displayed in the image)投稿キー
文字色/Font Color
 
記事修正・削除/Edit・Delete  選択/Select   記事No./Comment No.   編集キー